ニュース

茨城境町一家死傷事件から半年、捜査難航か!犯人逮捕に結びつかないのはなぜ?犯行の動機は?犯人は誰?今どこにいる?

ナカザワ速報です。

思いがけず飛び込んできた報道です。

今回お送りする話題は茨城県境町の住宅で昨年9月、会社員の小林光則さん(当時48)とパートの妻美和さん(同50)が殺害された事件の犯人逮捕までの捜査が難航しているという報道です。

この事件の捜査で一体何が起きたというのでしょう?

後半までお付き合いください。

事件の概要は?

この事件は朝日新聞デジタルが報道しています。

茨城県境町の住宅で昨年9月、会社員の小林光則さん(当時48)とパート従業員の妻美和さん(同50)が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、住宅1階の脱衣所付近に犯人が出入りしたとみられる痕跡が見つかっていたことが、捜査関係者への取材でわかった。事件当夜の状況が明らかになる一方、犯人像の絞り込みは難航したまま、23日で発生から半年になる。

 

捜査関係者によると、風呂場の脱衣所の窓付近に、何者かが侵入した痕跡が残っていた。窓は無施錠で、県警は犯人がこの窓から侵入し、一家を襲った後に同じ窓から逃走した可能性が高いとみている。

また、殺害された夫婦の寝室と同じ2階にある子ども部屋で寝ていた長男(13)が、「犯人が部屋の電気をつけた」と証言していたことも新たにわかった。同じ部屋には次女(12)も寝ており、子どもらは、犯人は帽子とマスク姿の知らない男で「腰のあたりに黒いポーチをつけていた」と話しているという。

引用 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200323-00000004-asahi-soci

事件の報道内容でした。

事件の犯人は誰・動機は?今どこにいるの?

今回の報道では明かされていません。

この事件の犯人はいまだに逮捕されていません。

あまりにも事件解明につながる手掛かりが少ないです。

犯人は帽子とマスク姿の知らない男で「腰のあたりに黒いポーチをつけていたということが分かっています。

この事件の犯人が事件をおこした動機や目的が何だったのか

いまだに不明のままです。

今後の捜査の進展により詳細が分かりましたら随時追記していきます。

事件の場所は?

報道では茨城県境町とあります。

Twitterの反応は?

Twitterではどのような反応があるのか見ていきます。

このような反応がありました。

引用 Twitterより

まとめ

この事件の犯人がいまだに逮捕されないという報道でした。

大きな木に周りを囲まれた家でおきた凄惨な事件は付近の住民の方たちは不安な日々を

過ごしていることでしょう。

一刻も早い犯人の逮捕を警察にはお願いしたいところです。

亡くなられた会社員の小林光則さんと妻の美和さんのご冥福をお祈りいたします。