ニュース

川口で82歳男が妻を木の棒で殴る事件。妻が自ら通報で駆け付けた警察が逮捕

埼玉県川口市でおきた事件事故の報道です。

 

82歳の男が妻の頭を木の棒で殴り殺害しようと

したとして逮捕されたという報道内容です。

もくじ クリックで読みたい記事に飛びます!

事件の概要は?

流血妻、110番して「夫に殴られた」…棒で殴った夫逮捕 殺人未遂の疑い「殺すつもりない」/川口署

埼玉県の川口署は29日、殺人未遂の疑いで、川口市末広1丁目、無職の夫(82)を現行犯逮捕した。
逮捕容疑は、同日午後5時半ごろ、自宅で、無職の妻(65)の頭を木製の棒(長さ約30センチ)で数回殴って殺害しようとした疑い。

 同署によると、妻は頭に約2週間の軽傷を負ったが、命に別条はないという。

 同日午後5時25分ごろ、妻から110番があり、すぐに切れたが、その後に「夫に殴られた。頭から出血している」と再び110番があった。現場に駆け付けた警察官が現場の状況などから犯行を確認した。

 夫はたたいたことを認めているものの、「殺すつもりはなかった」と供述しているという。

 

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/1b20e7190bc7d595fb777273fa0350405a9710fa
埼玉新聞

 

事件はどこで?

事件は川口市末広1丁目でおきました。

末広1丁目周辺には

国道122号
十二月田の交差点
旧田中家住宅

川口元郷駅などがあります。

少し離れた末広交差点そばには
昌国利器工匠具刃物博物館があります。

ネット民の声は

約2週間の怪我って結構凄いぞ。
打ち所が悪ければ死んでた可能性もある。

返信3

1114
22
bfk***** | 4時間前
殺すつもりないと言えば罪って軽くなるのかな?殺した後で殺すつもりはなかったと言う人がいるけど何なのかな?

返信9

1136
41
mon***** | 4時間前
殺すつもりなくても、死んでもおかしくない暴行してる時点でアウトなんだよ。
よく、そこに殺意があったかどうかが論争になって裁判も進められるけど、その行為で死亡する可能性があったかどうかで裁判が進められないもんかね。
加害者を守る裁判じゃなくて、被害者に正当な償いをさせる裁判になって欲しいものだ。

返信2

878
34
ber***** | 4時間前
この類の事件って必ずと言っていいほど
「殺す気は無かった」
って言うよね。
棒や鈍器で殴ったり手や紐で首を絞めたり…
普通やらないよ?
殺す気があるとしか思えない行動だよ。

返信2

136
4
tru***** | 2時間前
私の父も母に対して攻撃的になった。
若い頃は優しかったのに、病気をして歳を取って変わってしまった。
私達子供には相変わらず優しい。
離れて暮らしていて、両親2人で住んでいるので心配です。
まだ暴力はふるってないけど、キレるとモノを投げたりする。
母にちょくちょく電話するようにしてます。

返信3

75
0
**** | 2時間前
事情聴取で殺すつもりがあったか無かったか聴くのって、例えば「平手打ちしたら相手がよろけて机の角で頭ぶつけちゃった」とか、「脅しのつもりのナイフを相手が取り上げようとしてもみ合ってるうちに刺さっちゃった」とか、「突き飛ばしたらそこにちょうど車が来て轢かれちゃった」とか、本当にそういう「普通死ぬとは思わんよな」な行動した時だけでいいと思う。鈍器で殴打するのは、それで死ぬと思ってたか思ってなかったかは関係無い。

返信0

34
0
iku***** | 3時間前
すごい年の差、これなら妻の方だって負けないと思うのによほど元気な年寄りなのかな

返信3

82
2
kei***** | 2時間前
この手の傷害事件で逮捕される容疑者の中に
「殺すつもりはなかった」って言う人が結構いるけど、
ああいう風に言えば罪が軽くなるとでも思っているのかな?
今回のケースでも奥さんの頭を棒で殴ったそうだけど、
当たり所が悪かったら、死亡する可能性だってあるのだから、
「殺すつもりはなかった」は絶対にあり得ないと思う。
本当は別の動機があったんじゃないかと勘繰ってしまう。

返信0

23
1
kei***** | 2時間前
コロナストレスで家庭内暴力かぁ。夫側より奥さん側の方が多くストレスを抱えても我慢してるのにそれを理解しない夫が多いのかもね。
歳を重ねた夫婦ほど身勝手な暴力が起きるのかなぁ。

返信3

47
2
cys***** | 1時間前
「殺すつもりはなかった」と言えば罪が軽くなるわけではありません。犯行に至った経緯や動機、関係者や周辺への聞き取り等から総合的に判断されます。ちなみに殺すつもりはなかったとしても「当たりどころが悪ければ死ぬかもしれない」などと考えて犯行に及んだ場合は、『未必の故意』といって故意の犯行と同様に判断されることがあります。
引用 ヤフコメ https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200501-00000003-saitama-l11